歯医者の応急処置の注意点

ホームへ戻る >  水の良し悪し 2  > 歯医者の応急処置の注意点

歯が痛くなってしまって、歯医者に行って治療を施してもらうということをすることも多いはずです。しかしなかなか歯医者の予約を取ることができなくなってしまって、途中であきらめてしまう人もいます。中には、応急処置でとりあえず歯の痛みがなくなったので、歯医者に行くのをやめてしまうというケースも結構あります。しかし応急処置はあくまでも応急処置です。ですから、本格的な治療をしないと、状況はどんどん悪化してしまいます。


応急処置ですが、歯医者で行われるものは、まず歯の周囲を洗浄します。そのうえで、歯の中で膿がたまっている可能性があるので、歯茎を切開して膿を取り出します。これらの治療ですが、対症療法にすぎず、応急的な処理にすぎません。

とりあえず痛みの症状を消すための処置にすぎないということを認識する必要があります。歯の痛みの原因は、プラークや細菌などの塊です。これらは上で紹介した処置では、きちんと取り去ることはできません。


応急処置をして、痛みがなくなったので、そのまま放置をしていれば、再び細菌が繁殖してしまいます。そうすると、再び歯茎などが腫れあがってしまうことも多くなります。しかも以前と比較して、歯茎の腫れ上がり方はひどくなることが多いと言われています。そうすると、また応急処置を施して、ということになってしまいます。応急処置を繰り返しているとどんどん症状が悪化してしまうこともあります。治療をする時には、きちんと治療を受けることが重要です。