賃貸住宅の鍵について

ホームへ戻る >  インプラント失敗の理由  > 賃貸住宅の鍵について

新築の賃貸物件でない限り、自分が入居する前にはそこに他人が生活して、鍵を使って家に出入りしていた事になります。アパートやマンションなどの共同住宅では、防犯のために入居者が変われば鍵も新しいものに付け替える対策を取っている不動産業者や大家さんなども多いのですが、残念ながら法律で定められている義務ではないため、賃貸物件に入居する時にはきちんと確認するようにしましょう。


鍵の交換は常識的に考えると貸主が取り替えてくれても良さそうな感じもしますが、賃貸物件の中には、借主が鍵の交換を希望する場合には入居者の負担で鍵の交換が認められている場合もあります。契約書にも記載されているので、入居した後に鍵の交換を依頼したい場合には、契約書を読めば誰が費用を負担する事になるのか分かります。しかし、入居前に鍵の交換を依頼したい場合には、契約書を交わす前に交渉しておく事をおススメします。

入居した後にセキュリティを高めるために自費で鍵の交換をしたい場合には、必ず貸主に許可を取ってから行うようにしましょう。勝手に行なうとトラブルの元になる事もあるので注意が必要です。


また、賃貸物件では、入居する時には鍵のオリジナル番号が控えられ、退去する時にコピーではなくオリジナルの鍵を返却するのが基本です。オリジナルの鍵をなくしてしまってコピーしかもっていない場合などには、鍵交換にかかる費用を敷金から引かれる事もあるので、オリジナルの鍵はなくさないようにしましょう。