注文住宅とゾーニング

ホームへ戻る >  インプラント失敗の理由  > 注文住宅とゾーニング

注文住宅のプラン作成ではゾーニングが重要なポイントとなってきます。間取りを決める際、住宅を目的にあわせたゾーンにわけ、それを動線を組み合わせた上で検討していく必要があるのです。


注文住宅のような一戸建てにおけるゾーニングではおもに3種類のゾーンが使用されます。まず「パブリックゾーン」。これはリビングやダイニングなど居住者全員が使用する空間のことです。それから「プライベートゾーン」。基本的には居住者の個室のことを指します。さらに「サービスゾーン」。これはキッチンやバス、トイレなど。常に使用するわけではないものの、日常生活には欠かせない空間のことです。


この3種類のゾーンをいかに効率よく、うまく配置するかで注文住宅の居住環境が決まってくるのです。間取りを検討する際には必要な部屋、設備をまずそれぞれのゾーンに分類したうえで全体的な配置を決める必要があるわけです。

通常、パブリックゾーンは住宅の中心部分に配置することになります。そうでないとそこまでいくのに手間がかかる人とかからない人が出てきてしまうからです。また、プライベートゾーンは家族ひとりひとりの環境に配慮して配置することも大事です。たとえば高齢者の場合はなるべくトイレに近い配置が求められますし、逆に子供はプライバシーを維持できる位置が望ましいでしょう。またサービスゾーンはできるだけパブリックゾーンと隣接したり、重ならない配置が求められます。お風呂場に出入りするのにリビングを通らなければならないような環境は少々問題があります。こうしたゾーニングの概念を取り入れることで注文住宅の間取りをよりスムーズに決めることができるでしょう。