注文住宅と動線

ホームへ戻る >  インプラント失敗の理由  > 注文住宅と動線

注文住宅はなんといっても日常生活を快適に過ごすことを第一に考えて建てるものです。いくら充実した設備が整っていても、魅力的な外観を装っていても肝心の生活空間が不十分ではメリットを活かしたとはいえません。そんな生活空間づくりの鍵となるのが動線です。


動線とは住宅内で人が動く線のことです。たとえば部屋からリビングへの移動、あるいはキッチンからダイニングへの移動など。この動線がどれだけすっきりと、スムーズに機能するかが快適性に大きな影響を及ぼすのです。


動線は大きく分けて3つの種類に分けられます。まず「家事動線」。炊事・選択・掃除などの際に移動することになる線です。それから「生活動線」。部屋から部屋へとの移動、トイレや風呂などの移動といった住人が日常生活において使用する線。そして「来客動線」。これは来客が訪れた際に利用することになる線です。

たとえば家事動線と生活動線が共通していたり、交わったりしていると混乱が生じます。食事の準備でキッチンとダイニングの間を行き来しているところへダイニングへと移動する人が通り過ぎる、せっかく掃除したところを他の人が通り過ぎてしまうなど。また来客動線と生活動線が交わってしまうと風呂場や洗面所などを来客者に見られてしまうケースも出てきます。


注文住宅を建てる際にはこの動線への配慮も必要なのです。とくに開放的な空間を意識した注文住宅の場合、それぞれの動線をうまく分散させる工夫が求められるでしょう。