トイプードルは日本で特に人気?

ホームへ戻る >  インプラント失敗の理由  > トイプードルは日本で特に人気?

トイプードルの、日本での人気は高く、全犬種の中で人気ナンバーワンです。ジャパンケンネルクラブのある年の「犬種別犬籍登録頭数」の上位は、このようになっています。


1位:プードル92,036頭(うち、トイプードルは90,757頭)

2位:チワワ76,722頭

3位:ダックスフンド53,845頭

4位:ポメラニアン16,672頭

5位:ヨークシャー・テリア16,154頭


ちなみに6位以下は、柴犬・シーズー・フレンチブルドッグ・パピヨン・マルチーズと続きます。

頭数を見てみると、特にトップ3の頭数の多さが際立っています。その中でもトイプードルはダントツなのがよく分かります。実は2007年まではダックスフンドが何年も1位の座についていたんですが、2008年でついにその順位が変わった、というわけです。


さらにトイプードル人気のすごいところが、「今もなお頭数が伸び続けている」ということです。2001年からのデータ以来、その中で1年たりとも「前年頭数を下回った」という年がありません。それだけトイプードルは、「今の日本の住環境に受け入れられやすい」ということでしょう。もちろん、あのなんともいえない可愛らしさも、人気を支える大きな理由となっているはずですが。もちろん、犬の価値は人気で決められるものではありませんが、この人気がどこまで高まり続けるのか?というのは、楽しみでもあります。