注文住宅と将来設計

ホームへ戻る >  土地に関わる税金 固定資産税 都市計画税  > 注文住宅と将来設計

家は家族全員が長く快適に暮らせることが理想の条件となります。注文住宅はその理想を叶えてくれる家づくりの選択肢ですが、そのためには長期的なビジョンに立った上で計画を立てる必要も出てきます。


注文住宅を建てる際には、まずその当時に求められている環境を重視するものです。家族の人数や年齢など。全員の希望を取り入れ、できるだけ満足できる形で計画を練ることが求められます。しかし20年、30年と住み続けることを考えると家を建てる時点だけでなく、将来的な生活環境の変化も踏まえたうえでの計画も求められるのです。


たとえば子供が増える予定がある場合、あるいは子供が成長して個室が必要になる場合。広い部屋を用意しておいて、将来的に仕切りを設置するといった方法が考えられます。逆に子供が独立した後のことを考えて簡単に取り外せる仕切りで個室を用意する方法もあるでしょう。

同居する親、あるいは自分自身の高齢化も念頭に入れておかなければならないでしょう。体力が衰えや病気などに備えて階段の傾斜を緩やかにしたり、階段、廊下、浴室などに手すりを設置するといった配慮も必要です。将来的にバリアフリー環境にリフォームすることも考えておくべきでしょう。


注文住宅ならこうした将来的な生活環境の変化に対しても柔軟に対応できる家づくりが可能です。環境の変化に耐えうる、あるいは適応できる住宅が求められます。20年、30年後も快適で理想的な居住環境を注文住宅で実現したいものです。