効率の良い間取りとは

ホームへ戻る >  土地に関わる税金 固定資産税 都市計画税  > 効率の良い間取りとは

新しく家を建てるときには、なるべくならば生活空間を大きくとりたいと考える人も多くいるはずです。子供がいる家庭などでは、成長するにつれて体も大きくなるので、それを見越してゆとりのある設計にしたいものです。そこで間取りを考えるときには、極力デッドスペースをなくして、床面積を大きく使うような工夫が必要になります。たとえば、廊下の配置です。生活するうえでの動線を考えながら、廊下にどれだけのスペースが必要かを考えてみましょう。


そして、間取りを決める際には、それぞれの部屋の仕切りをどうするのかというポイントもあります。寝室などはもちろんのこと、トイレやバス、洗面所をどのようにつなげるのかもポイントでしょう。さらに言えば、そのなかで、洗濯機はどこに置くのかという問題もあります。また、家族全員が集まれるリビングについても、四方を壁に囲まれたものにするよりも、ダイニングやキッチンとつながっているほうが、雰囲気が良いと感じる人もいるはずです。

そして、とくに主婦の目線で言うならば、家事における動線が短ければ短いほうが効率よくこなすことができると言えるでしょう。前述の洗濯機から物干し台まで、あるいはキッチンから冷蔵庫、食卓までといったように、家のなかで1番動き回ることになるからです。また、掃除をするのにも、部屋数ばかりが多いのも考えものです。引き戸や開き戸、障子や襖といった要素も、細かいですが家事の動線に影響するものなのです。ですから間取りを決める際には、女性の目線も重要になってくるのです。