変形地・狭小地でデザイナーズ住宅を建てる

ホームへ戻る >  土地に関わる税金 固定資産税 都市計画税  > 変形地・狭小地でデザイナーズ住宅を建てる

全ての場合において、住宅建築には土地が必要であるのは言うまでもありませんが、その土地の形状が一定であるとは限りません。多くの場合が正方形、もしくは長方形に近い形ではありますが、中にはL字型の土地であったり、細長い土地のように建築スペースが限られていると言った、いわゆる「変形地」「狭小地」と言った土地も数多くあります。


変形地の建築は制限や制約が多く、一般的な住宅建築であっても困難となる場合があります。ハウスメーカーによっては変形地や狭小地専用の住宅仕様を用意している場合もあり、ある意味においてハウスメーカーのノウハウが問われるものであるとも言えるでしょう。

デザイナーズ住宅の場合、逆に変形地、狭小地の対応がスムーズである、変形地に特化したデザインに強みを持っていると言った建築デザイナーも多くおられ、制限や制約の中においても最大限のパフォーマンスを見せてくれる住宅を考えてくれることがあります。変形地こそデザイナーズ住宅における見せ場の一つと言えるかもしれません。


土地を所有しており、住宅建築を考えているものの、土地の形が建築に向いていないかもしれないなどの場合においても、一度建築デザイナーの方に相談してみることで活路が見出せるかもしれません。変形地、狭小地だからと言って住宅を諦めず、むしろこの形を活かす住宅を作り上げる気持ちで考えると言ったことも可能なのです。特にデザイナーズ住宅であれば予想だにしなかった活用法などが発見できるかもしれません。