飼い始めの子犬の動き

ホームへ戻る >  ヘアサロンで理想のヘアスタイルに近づけるポイント  > 飼い始めの子犬の動き

不動産を運用するには様々な目的が考えられます。それを有効に活用できるかどうかは、地域環境、周辺環境なども大きな要素になってきます。立地という以外にも、行政の都市計画などによって制限が設けられていることもあるので、まるっきり自由に所有している不動産を使ってよいというわけではないのです。場所によっては建物の大きさのほか、用途にまで制限があることも考えられます。ですから、まずはその土地について良く調べてから計画を立てる必要があるのです。


不動産を購入する目的としては、まず住むためのものということが考えられるでしょう。そのときには、当然周辺環境は重要になりますし、それを自分の人生設計と重ねながら検討していく必要があるのです。そして、資産運用方法として不動産を活用しようと考える人もいるでしょう。マンションなどを建てて、自分で住む部屋を確保したうえで、賃貸に出すのです。そうすれば、長期にわたって住居の心配はなくなるのに加えて、安定した収入も期待できるのです。

また、そのような形態は、年金代わりの不動産運用になるという言い方もできるでしょう。定年までにローンを完済することができれば、それ以降は家賃収入が全て自分のものになるからです。ほかにも所得税の節税という効果もあります。確定申告の際には青色申告になるので、減価償却費やローン金利を必要経費として申告できるようになるのです。また、固定資産税についても賃料があれば、保有コストを減らすことができるといった考え方もできるのです。