賃貸と築年数

ホームへ戻る >  ヘアサロンで理想のヘアスタイルに近づけるポイント  > 賃貸と築年数

賃貸を利用する場合において、まず確認しておきたいのがその築年数です。購入、賃貸に関わらず、各物件にはそれぞれ築年数が記載してあり、新築、もしくはそれに近いものであればあるほど賃料は高くなり、築年数が古いほど賃料が安価になる傾向にあるものの、築年数が古くともリフォームやリノベーション(改築、改修により、高品質な物件にリフォームすること)されることで見た目として新築とほとんど変わらないにもかかわらず賃料が非常に安価と言った場合もあります。多くの場合ではこのような賃貸物件も狙い目となりますが、稀にリフォーム部分と建築当時からの状態が混在しており、生活に不便が生じる場合もあります。リフォームされているから綺麗とすぐには思わず、必ず一度足を運んで確認しておきたいところです。

特に築年数が20年以上経過しているものは水周りと壁の厚さには十分気をつけるようにしましょう。リフォームによってしっかりと防音がされており、水周りの設備もしっかり入れ替わっている場合であれば問題はありませんが、こちらも稀に見た目こそ綺麗になっているものの、水道管から水漏れがある、隣から音が漏れていると言ったこともありえます。


賃貸の場合では10年、20年と利用することは少なくはありますが、利用期間中は少しでも快適に過ごせるようにしたいものです。そのためにはそれぞれの物件の性質や特性なども把握し、少しでも居心地の良さを追及できるよう様々な観点から物件をチェックすることも必要となってくるでしょう。