プラセンタ治療は何に効くの?

ホームへ戻る >  ヘアサロンで理想のヘアスタイルに近づけるポイント  > プラセンタ治療は何に効くの?

妊娠期の女性の身体でつくられる臓器である胎盤から生成されるプラセンタは、医療用医薬品として製造販売されています。婦人科や美容外科、皮膚科などで治療に用いられています。プラセンタ治療ってどんな疾患に効果があるのか余り広くは知られていないようです。


美容外科などで行うプラセンタ治療は、シミやくすみというようなアンチエイジングの場面で用いられます。また疲労回復というような健康増進の面でも用いられることがあります。内科では、肝機能障害の治療にも用いられます。肝機能障害や男性更年期障害、疲労回復目的等の場合、男性にもプラセンタ治療が適用されます。女性特有の疾患では、更年期障害、乳汁分泌不全の治療などに用いられます。

プラセンタ製剤は、日本国内で精製されており、ヒト由来の胎盤からつくられています。ウイルス感染等の危険性が指摘されますが、厚生労働省が基準として設けた加熱処理を十分に行っていますので、ウイルス感染等のリスクは皆無です。ですが、ヤコブ病というような難病が過去に起きていること等をうけヒト由来のプラセンタを一度でも注射されたことがある方は、献血を行うことができない決まりとなっていますのでご注意ください。また、プラセンタ治療は、肝機能障害等の内科疾患のほか更年期障害、乳汁分泌不全でのみ保険適用となります。疲労回復やアンチエイジング目的での医療用プラセンタ製剤での治療は自由診療となりますので詳しくは、医師にご相談ください。