会社設立にかかる費用

ホームへ戻る >  ヘアサロンで理想のヘアスタイルに近づけるポイント  > 会社設立にかかる費用

会社設立にはお金がかかるというイメージがあります。それがネックで個人事業主から法人への切り替えをためらっている人も多いのではないでしょうか。では実際のところ会社設立にはどの程度費用が必要となるのでしょうか。


まず最低限必要となる費用。書類作成や手続きにかかる出費があります。定款の認証量として5万円、作成した定款に貼付する収入印紙代が4万円、法務局に書類を提出する際にかかる登録免許税が15万円、さらに定款の謄本を所得する際に1900円程度の費用がかかります。合計で24~25万円。さらに会社の印鑑の作成にもお金がかかります。これは材質や大きさによって異なってきますが、1~3万円程度が相場のようです。

しかし、これはあくまですべての手続きを自分で行った場合。実際にはなかなか難しく、会社設立を代行する業者に依頼するケースが多いのが現実です。そうなると業者に支払う報酬が発生してきます。


報酬はすべてを代行する場合と、書類作成のみを代行する場合とがあります。費用は業者によって異なってきますが、書類作成のみの代行だと5~7万円程度、すべてを代行する場合だと8万~10万円程度かかるケースが多いようです。


最後に忘れてはならないのが資本金。理論上は1円からでも設立が可能となっていますが、実際にビジネスを行っていく場合には十分な資本金を用意する必要があります。これは出費とは異なりますが、用意しなければならないお金として忘れてはならないでしょう。