歯科で歯列矯正

ホームへ戻る > 歯科で歯列矯正

大人の歯列矯正
一戸建て購入の費用
防災グッズを通販で購入
ビケ足場とは
深夜のテレビショッピング

歯科で歯列矯正をする方が増えています。歯科で歯列矯正といえば、ひと昔は子供が行うものでした。しかし、最近では大人になってからでも、気になる歯並びを整えたいという方が増えています。これは、口腔内への健康に関する関心が高まっていることと、口もとの美しさがクローズアップされることが多くなったからでしょう。歯科で歯列矯正をすることで、虫歯予防や歯周病対策ができるのは言うまでもありません。また、きれいに整った歯並びは、笑顔を美しくしてくれますね。さらに、小顔効果も期待できますよ。

歯科で歯列矯正をする場合、いろいろな方法があります。マルチブラケット装置を歯につけるのが一般的ですが、これはかなり目立ちますよね。そこで、口を開けても目立たないように、金属製ではなく、セラミック製のタイプも登場しています。費用が高くなったり装置が壊れやすいという点はあるものの、ぱっと見てわからないというのは大きなメリットです。大人になってから歯列矯正をするのであれば、なおさらですよね。


さらに目立たない歯科での歯列矯正として、舌側矯正という方法もあります。文字通り、歯の表ではなく裏側に装置をつけるわけです。舌側矯正を選べば、口を開けても目立たないどころか、矯正していることがまずわかりません。また、目立たない方法としては、専用のマウスピースを利用する歯列矯正もあります。しかし、マウスピースを利用できるのは、軽度の場合だけです。