デザイナーズ住宅と輸入住宅

ホームへ戻る >  新築の際の担当者について  > デザイナーズ住宅と輸入住宅

デザイナーズ住宅と輸入住宅輸入住宅とデザイナーズ住宅を組み合わせた家造りにも注目が集まっています。


輸入住宅とは海外の工法や資材、あるいは設備を導入して建てられる住宅のことです。洋館のような外観をした家を見かけたことがある人も多いでしょう。この輸入住宅は外観だけでなく、住居に対する考え方や生活様式も「輸入」して建てられているのが大きな特徴です。


日本に比べて家族同士が触れ合う時間を大事にする傾向がある海外。そういった考えが間取りやデザインにも影響をもたらしています。それを取り入れることによって日本の住宅にはない生活環境を得ることができるのです。

そんな輸入住宅の概念を取り入れたデザイナーズ住宅も増えているのです。ヨーロッパ風の魅力的なデザイン、寒さの厳しい北ヨーロッパの住宅の断熱性・気密性への工夫の導入、あるいは中庭など開放的な南ヨーロッパのテイストを取り入れるといったスタイルがとくに人気を集めています。そこに建築家のセンスや個性を取り入れることによって独特のデザインの実現を目指すのです。


また、海外の生活様式・間取りをそのまま取り入れると日本人には合わない可能性もあります。デザイナーズ住宅ではその辺にも柔軟に対応し、日本人の生活に合わせてうまく折衷しています。


輸入住宅の持つ機能性・デザイン性を取り入れつつ個性的な空間を演出する。日本ならではのデザイナーズ住宅。今後こういったスタイルの物件が増えていくことが予想されます。