信頼できるリフォーム業者を選ぶために

ホームへ戻る >  新築の際の担当者について  > 信頼できるリフォーム業者を選ぶために

信頼できるリフォーム業者を選ぶために信頼できるリフォーム業者の選び方ですが、電話対応や受付の姿勢なども案外と見逃せない部分です。馬鹿丁寧に対応してもらう必要などは無いのですが、電話対応がぞんざい、伝わっているべき話が伝わっていない、状況を把握していない人が多い、ドタバタして段取りが悪いなどの事が対応から透けて見えるようでしたら、他のリフォーム業者を検討しておいたほうが無難でしょう。


業者選びの段階でもその後でも重要になることですが、担当者との意思疎通がしっかりできそうかどうかも非常に重要です。リフォームでの失敗例や後からクレームが出るのは大半が意思疎通不全、連絡不足が原因になっています。担当者がこちらの話をちゃんと理解してくれる人か、意思疎通がしやすいか、話していてストレスが溜まるようなことがないか、打てば響く反応かなどはある意味業者の技術以上に重要な部分であったりします。担当者で業者を選んでも良いですし、相性もあることですから、そのリフォーム業者が良いのだけど担当者だけが合わないという場合は率直に交代を要請するべきでしょう。お互いにトラブルを回避する上で重要な措置です。

また、当然ながら担当者のリフォームに関する知識も重要です。出来もしないことを愛想良く引き受けて、現場に丸投げしておくだけの営業というものも世には存在します。また、こちらの計画は素人考えですので、プロから見れば不要な工事なども有ります。そのへんもしっかり提案・指摘してくれるかどうかも重要な部分です。