新築の際の担当者について

ホームへ戻る > 新築の際の担当者について

工務店は安心感がある
信頼できるリフォーム業者を選ぶために
オール電化の注意点
デザイナーズ住宅と輸入住宅
複数の住宅メーカーを参考にしてマイホームを建てる

新築の際の担当者について新築を依頼する時には、必ず業者側から担当者がついて色々と相談にのってくれることになります。それは家が建った後でも、家のメンテナンスなどで付き合いの続くものです。ですから、優良な担当者がついてくれることも、新築の際には重要なポイントになってくるのです。最初の段階で、担当者があまり自分と相性が合わないようだなと感じた場合は、他の業者を探したほうがいい場合もあります。やはり大きなお金が絡む話なので、信頼関係がまず第一だと考えていいでしょう。

そこで、良い担当者の見分け方が必要になってくるのですが、最終的には相性だと考えていいでしょう。フィーリングが合わなければ、なかなか信用できるものではありません。新築を建てる段階になれば、担当者と打ち合わせをすることも多くなるので、そのときに質問したり相談できるような相手であるのが望ましいのです。それを考えるならば、いくつかの住宅メーカーに相談して、担当者の印象もチェックしておくのが良いと言えるでしょう。


そして、そのときに確かめておきたいのが、相手の知識量です。それは自社の住宅についてもそうですが、周辺地域の情報などにも詳しい人のほうが優秀だと考えていいでしょう。また、説明がわかりやすいことも大切なポイントです。専門用語ばかりを使って説明するような人は、自分もわかっていないこともあるので注意が必要です。正しい知識があるならば、知らない人にもわかりやすく説明できるはずなのです。