スポーツ器具のことなら総合スポーツメーカーのJKスタイルスポーツ

建築物の比率と容積不動産購入をする際に、建築物の延べ床面積や敷地面積の計算も行わなければなりません。当然これは不動産業者が取り扱う事項ですが、購入する側(家を建てる側)も、これについてある程度の理解と知識をを得る必要はあるように思います。各不動産にはそれぞれに「建ぺい率」というものがあります。建ぺい率とは敷地面積内における建築物の面積の割合のことを示します。その建築物がどれほどの大きさで、敷地内にどういう形で収まっているか、どれくらいのボリュームかを示すものです。地域によっては建ぺい率を制限しているところもあり、その場合に詳しい建ぺい率の数値が用いられます。建ぺい率の制限は、各不動産の種類、用途によって違います。

建築物には床面積というものがあります。そして敷地面積に対する建築物の延べ床面積(1階だけでなく各階の全ての床面積)の割合を「容積率」と呼びます。この容積率の数値は、近年では都市計画地域内における都市設備基準の規制に用いられるようになっています。これは土地利用の密度(つまり人間の生活範囲、活動範囲)をその容積率によって捉えるということです。都市計画法には、この容積率を制限する記載もあります。容積率は言わば、建築物内における人間の動線(人の動く範囲)を考える上でも重要な要素であり、この容積率に基づいて建築設計が行われたりします。離れ屋や倉庫なども生活空間の一種であり、これらは「屋内的用途」として床面積に含まれます。